皆さんこんにちは。

引越し屋さんの事務作業員、Nです!
 
今日は皆さんにも関係あるかも?な、引越し屋さんの職人の技をご紹介します。
お役に立てれば幸いです。
 

日常やレジャーに応用可能!引越し屋さんの積載術

タイトルを見て、なんのことかわかった方。
以前お引越しを経験されたことがありますね?
 
「積載」とは、読んで字のごとく荷物を積んで載せることです。
つまりは荷台に荷物を積み込むことなんですね。
 
わたしたちは引越しのプロなので、荷物の積み方にはセオリーがあったりします。
ほんの少しの工夫で、皆様がキャンプなどのレジャーで荷物を積む時にもきっと役立ちますよ。
 
 
 
というわけで。
引越し屋さんの荷物の積み方と、キャンプの荷物の積み方で比較していこうと思います。
 
きっとお役に立てると思います!
 

大きなものは最後に!

引越しの時に、作業員が大きな家電や家具を運んでいるのを目にしたことがある方は多いと思います。
冷蔵庫や洗濯機などがそうですね。
 
こういった大物の荷物は、お部屋に物が入る前に搬入するのがセオリーです。
細々としたものが既にお部屋に入っていると、作業スペースの確保が難しくなります。
なので、まずは大きなものを所定の場所に置くことがとても大切になってきます。
お客様の大切な品物を傷付けないというためにも、徹底しているところです。
 

この技を使ってキャンプに行ったら

これをキャンプに置き換えていきます。
 
キャンプの荷造りをする時に、大物の荷物といえば…。
テントやグリル、クーラーボックスですね。
 
こういったものは荷物の中でも目立つものですので、初めにトランクルームに積んでしまいがちです。
 
でも、よく考えてみてください。
キャンプ場に到着し、一番初めにすることは…。
テントの設置や、サイトの設営ですよね。
 
「着いた!さあ、テントを立てるぞ!」
となった時に、テントが一番奥にあったとしたら。
 
必要なテントを取り出すまでに、細々としたものを全て出さないといけなくなってしまいます。
出した小物がキャンプサイトに点々とあったら…。
作業効率がとっても悪くなってしまいます。
それに、足元に必要のない荷物が出ていたら、とても危険です。
 
そこで、さきほどご紹介した通りに大物であるテントが一番手前に積んであったらどうでしょう?
トランクを開けてすぐにテントを取り出し、何もないサイトで広いスペースで組立ができます。
組立が完了したら、グリルなどを設置します。
 
サイトの設営がある程度終わってから、小物を配置していくと…。
とてもスムーズに設置が可能です。
 
ちょっとしたことですが、到着してからの負担が全然違いますよ!
騙されたと思ってやってみて欲しいです笑
 
 
これからちょこちょこと、引越し屋さんの積載術を書いていきたいと思います。
まだまだいろいろな技がありますので、期待していてくださいね!
 
 
それではまた。