皆さんこんにちは。
ZENGAKUのNです。

出勤時の寒さが堪えるようになってきました…。
指先ひえっひえです。
ツライです。

ランチは何か温かいものを食べに行こうと思います。
身体の中から温めたい季節ですね…。

さて。
今回は、大掃除での断捨離の話の最終回です。

いよいよ片付けの実践編をご紹介しますよ。

実践!断捨離術

いよいよ実践編です。
何をどう始めたら…?という場合は、この順番で始めればスムーズかと思います。

1、服・バッグ類

いつも着ている洋服やバッグ。
よく考えると「1軍」とそれ以外に分かれていませんか?
「1軍」以外の服を処分することによって、クローゼット内が劇的に美しくなります。

その判断基準は、
・1年以上着ていない服
・肌触りやサイズなど、着にくさや違和感がある服
・妥協で着ている服
・毛玉・染み・汚れなどがある服
です。

これらの服を手放すことで、「1軍」だけのクローゼットになり、毎日の服選びが大変楽になりますよ。

2、書籍類

意外とかさばって場所を取りがちなのが、本や雑誌などです。
一度読んだきりの雑誌など、なぜか取ってあったりしませんか?
これらも思い切って処分することで、驚くほど部屋が美しくなります。

こちらの判断基準は単純です。
もう手に入らない(入りにくい)もの以外は処分する
ことです。

読みたくなったらまた手に入るものは、読みたくなったらまた購入すればいいのです。
「いつか読むかも」という考えが、片付けの邪魔になってしまいます。

あくまでもこの判断基準は、「最近読んでいない本」に対してです。
しょっちゅう読む愛読書は、取っておいて大丈夫ですよ。

書籍類は古書店に買い取ってもらうこともできます。
数が多い場合は出張買取なども便利です。

洋服類、書籍類を処分するだけでも、かなり部屋の様子が変わったのではないでしょうか?
かなり実感できていることと思います。

それ以外のものに関しても、
キッチン関係
小物関係
家電関係
というように、エリアごとに考えて仕分けしてくとスムーズに断捨離と片付けが進むはずです。
仕分けの方法、処分の基準は洋服や書籍と同じで問題ないです。

以上、年末の大掃除での断捨離のコツをご紹介しました。
美しい部屋で新しい年を迎えたいですね!