皆さんこんにちは。
ZENGAKUのNです。

前回はクリスマスケーキのことを書きましたが、差し迫る年末の家仕事といえば…。
大掃除、ですね?

日々少しずつやっておけばこんなに大変にはならなかったのに…
と、毎年苦悩している方も多いのではないでしょうか?笑

今回はそんな皆さんに、引っ越し屋さんの裏技をお教えします。
これらのことを知ってからお片付け始めると、見違えるほどお部屋が美しくなると思いますよ。

引越と片付け

引越が決まってお部屋を片付けるときに、
モノが多すぎて途方に暮れる…
なんてことを体験したことがある方は意外と多いのではないでしょうか?

引越するにあたっては、
必要なものとそうでないものを分別する作業
がマストになると思います。
荷造りの前の工程ですね。

この作業、実は大掃除に大いに活用できます。

モノを減らして、必要なものと不要なものを分けることで…。
年末の大掃除の質とスピードが格段に上がりますよ!

大掃除と断捨離

いざ、大掃除をしよう!となったときに、モノの多さに愕然とすることはよくあると思います。
効率的な大掃除をするには、まずは物を減らすこと。
いわゆる断捨離がとっても大切です。

まずは掃除をしやすい環境を作ること、ということですね。

断捨離をやってみよう

モノを減らすために必要なこと。
それは、モノを可視化することです。

目に見えないしまってあるものも、すべて取り出してみる。 こうすることで、いかに自分がモノをたくさん持ちすぎているのかが自覚できるようになります。

そして、取り出したものを分別するために。
ゴミ袋を複数用意しておくことが大事です。

捨てるもの(不燃、可燃など分別する必要数あると便利)
捨てないもの
判断がつかないもの
に分けることで、いかに自分が不要なものに囚われていたのかを自覚することができます。

分別した後は、判断がつかないものが本当に必要かどうかを考えていきます。
この時にちょっと考え方を変えていくと、今ある不要な荷物がどんどん減っていくと思います。

次回は引越屋さん直伝の断捨離のコツをご紹介しますね!