皆さんこんにちは。
ZENGAKUのNです。

昨日ほんの少し晴れ間が出て、気分も明るくなれそうな川崎市です。
とても暑かったですが、これが本来の夏の姿ですものね。
早く梅雨が明けて、燦燦と降り注ぐ太陽の光を浴びたいです。
(今度は猛暑で恐ろしいかもしれませんが…)

さて。
そんな間もなく梅雨明けを迎えそうな関東地方ですが。

今週末に多摩川で素敵なイベントが開催予定です。

多摩川希望の花火

コロナ禍に見舞われる地域を元気づけようと、市内在住の花火師、谷古宇正啓さんら有志が7月25日(土)、悪疫退散を願う「多摩川希望の花火」を多摩川河川敷で花火を打ち上げます。
密集を避けるため、会場は非公開。
午後7時30分から8時30分の間で5分程度を予定。
谷古宇さんは「少しでも明るい気持ちになってもらえたら」と話しているそうです。

自宅から多摩川を見て

谷古宇さんは「花火は見上げて心で感じるもの。
コロナ禍による自粛や経済圧迫で辛い思いをしている人も多いと思う。
25日は自宅から多摩川の方角を見て、明るい気持ちになってもらいたい」と話す。