皆さまこんにちは。
ZENGAKUのNです。

台風19号、大変な被害が出ましたね。
被災された方々、本当にご苦労な毎日をお過ごしかと思います。
今夜からまた雨予報、どうかお体ご自愛ください。

おかげさまで弊社事務所は、高台にあるために台風の被害を受けることはありませんでした。
私自身も多摩区在住、多摩川の氾濫警報が鳴り響く長い夜を経験しました。

 

弊社のあります川崎市多摩区でも、川沿いを中心に冠水被害など出ております。
普段穏やかな街並みの変貌が信じられません。

冠水被害

川崎市多摩区には多摩川が流れており、氾濫警戒水位を超え避難勧告が発令されていました。
多摩川の様子はライブカメラで中継されており、そちらを参考にしていた方も多かったようです。
しかし河川敷は浸水し、私たちの知っている多摩川の姿ではありませんでした。

ぎりぎり持ちこたえました↑

南武線の中野島〜稲田堤感では、冠水被害も発生しています。
当時停電も起きましたが、やはりエリアは川沿いに集中していました。

冠水被害は多摩川の氾濫ではなく、支流の三沢川が氾濫したことが原因です。

 

勇気ある避難を


川崎市では台風直撃と言われていたこともあり、避難所はかなり早い段階から開設されていました。
しかし、避難を始める方はだいぶ遅くなってから動き出す方が多かったそうです。

区内の小学校では、昼過ぎにはまだスペースに空きがありガラガラ状態でした。
しかし、雨が強まり多摩川の氾濫が懸念される頃になると、満員となりました。
他の場所へと案内されたそうですが、身体の不自由な方やお子様連れの方には、移動がかなり難しい状況だったといいます。

早めに動いて、落ち着いて待機するようにしたいものですね。
落ち着くことで持参する荷物に見落としがなかったりするメリットもあります。

“まだ大丈夫”
“みんな行っていないから大丈夫”
などと思わず、勇気を持って非難することが大切だと改めて知りました。

 

今夜から週末にかけて、また雨予報になっていますね。
まだ台風の爪痕が残る地域では、用心に越したことはありません。

皆さまの生活が早く日常に戻ることをお祈りしています。