皆さんこんにちは。
ZENGAKUのNです。

先日の雪予報の日は、結局パラパラとしか雪は降りませんでした。
積もることもなかったので良かったなーと思う反面、銀世界を見たかった気もします。
川崎生まれ川崎育ちなので、雪が珍しいので笑

さて。
今日はわたしも通勤で利用する小田急線の新百合ヶ丘駅のお話です。
今テレビやYouTubeでも人気の、とある企画の真っ最中です。
ご紹介しますね。

空港ピアノ・駅ピアノ

公共の場に自由にひけるピアノ。
それを誰がどのように弾くのかを定点カメラで淡々と写す番組があります。
それがNHKのBS1で土曜日の深夜に放送されている「空港ピアノ・駅ピアノ」です。

YouTubeでも、公共の駅ピアノを突然プロが弾いてみたところを定点で撮った動画が人気です。

そんな駅ピアノが、新百合ヶ丘駅に設置されました。

芸術のまち・新百合ヶ丘

ステーションピアノは11月から新百合ヶ丘駅に設置されており、今は第2期です。
ピアノは川崎市と麻生区、小田急電鉄、昭和音楽大学(同区)などが芸術のまちのアピールに試験導入し設置しました。

2020年1月7日から3月15日までは同駅直結の商業施設「小田急マルシェ新百合ケ丘」の2階に移動しています。
設置場所は新百合ヶ丘駅の改札を出て目の前の、小田急マルシェの2階です。

初めは実験的とのことでしたが、ピアノの音色が聞こえると足を止める人が大勢いるそうです。
1日に70人もの人がピアノを弾いていて、駅を利用する人のコミュニケーションの場として人気スポットとなりました。

好評につき3月15日以降もピアノを設置する案も出ています。
芸術のまちとしてこのまま残るといいなと思います。

ピアノ演奏ができる時間は
午前9時から午後6時まで
となっています。

マナーを守って、楽しく利用したいですね。