こんにちは。
スタッフのNです。

前回のブログでご紹介した、会社近くのお祭り。
もちろん参戦してまいりましたので、その様子をレポートしますね。

地域最大規模のお祭り

まずはお祭りの基本情報です。
民家園通り商店会は、小田急線の向ヶ丘遊園から登戸駅一帯の商店で形成されています。
民家園の名前は、隣接する生田緑地の中の日本民家園から取られているそうです。

小田急線向ヶ丘遊園駅の南側一帯を会場に、ブース出店やステージが設けられます。
多摩区で最大規模ともいわれ、主催者によると一昨年と昨年の来場者は4万人を超えたとか!

地元密着型のブース

さぁ、お祭りの話です。
この近くに住んでいるので、実は毎年楽しみにしているのですが…笑
それにはいくつか理由があります。

最大の理由。
それは、地元のお店の方がブースを出しているので…。
安くて美味しいものがたくさん食べられること!

例えばこのとうもろこしは、婦人会のお店で買いましたが…。
お値段なんと、1本300円!!
ちょっと都心の夏祭りに行ったら、500円以上しそうな立派なサイズでしたがこのお値段です。
さすが、地域密着型!

それからこれもちょっと珍しいのではないでしょうか。


かき氷、シロップかけ放題です笑
ここは確か、地元の居酒屋さんがやっていました。

変わり種ブース

そして、一風変わったブースがたくさん出るのもこのお祭りの面白いところ。

リクガメです笑
このリクガメとともに、毎年子供たちが楽しみにしているのがカニ釣り。
これは地元多摩川に捨てられる外来種を保護している、“おさかなポストの会”という団体が取り仕切っています。
多摩川にペットの外来種が捨てられ、在来種に影響が出ないようにと保護活動をしている団体です。


そしてこれ。
普通のスーパーボールかと思いきや、これを出しているお店がおもしろいんです。
それはなんと、整骨院!
スーパーボールすくい○○円、の隣に“5分間マッサージ”なるメニューがあったりします笑
盛況でしたよ。

他にも、ボクシングジムがスパーリングさせてくれたり、JRや小田急はちびっこに駅長の服を着せてくれたりします。

サンバカーニバルもやっていたそうで、そちらもなかなかの迫力だそう。
せっかくならそっちのおねえちゃんを見ておけばよかったと後悔しつつ笑

本当に楽しい夏祭りです。
来年はいらしてみませんか?