みなさんこんばんは、ZENGAKUのNです。
今日は一気に冷え込みました。

1月上旬の気温だそうです…。
早く帰ってお風呂に入りたい…ですね。

さて。
今日は多摩区の皆さんがとても頼りにしている大学病院のお話です。

聖マリアンナ医科大学病院

川崎市宮前区菅生に、聖マリアンナ医科大学病院があります。
多摩区とは隣り合わせており、地域の人はとても頼りにしている大学病院さんです。

とても大きな病院で、院内もとても綺麗です。
何かあったときにはここへ行けばよいと思える、とても心強い病院です。

大学内には聖堂などもあり、ミサでの開放もしている聖マリアンナ医科大学。
文字通り、カトリック系の病院です。

そんな聖マリアンナ医科大学病院。
冬にはちょっとしたプレゼントを、患者さん以外にもしてくれるんです。

それがこちら。

イルミネーションです。

こちらは昨年の画像です。

毎年この時期になると点灯式が執り行われ、聖歌隊も参列します。
寒い冬の夜に、美しいイルミネーションと歌声がとても映えますよ。

近隣住民の皆さんでも楽しみにしている方がとても多いこのイルミネーション。
大学病院と地元住民の触れ合いの場として、長く続くといいなと思っています。

ちなみに。
入院病棟にはクリスマスイブに看護学生さんたちが来てくれます。

キャンドルナイト、とても幻想的でした。