皆さんこんにちは。
ZENGAKUのNです。

週末には梅雨明けでしょうか。
今日は久しぶりに日差しが戻った川崎市です。

先日、政府が新たにアベノマスクの配布を始めると発表しました。
一般家庭向けではないとのことですが、再びの配布には…賛否ありますね。

さて。
今日はそんな政府支給のアベノマスクを、自分好みのオリジナルマスクに変身させるイベントのご紹介です。

藍染でオリジナルマスクを作ろう

川崎市立日本民家園内の藍染め工房、川崎市伝統工芸館では、新型コロナウイルス感染予防として政府より支給されたマスクを染める藍染め体験を開催中です。

真っ白なマスクに自分好みの模様をつけて、人とは違うオリジナルマスクを作ることができる体験メニューです。

藍染めでは日本古来の美しい藍色に出会うことができます。
絞りなどのお好みの柄を、自分だけのマスクに染め抜いてみたいですね。

政府支給マスク” 藍染め体験
[体験期間]開催中~2021年3月31日(水)
[体験時間](1)10:00~/(2)13:00~ ※いずれも1時間程度
[会場]川崎市伝統工芸館(川崎市立日本民家園内)
〈アクセス〉
小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口より小田急バス【向10】「専修大学前」行「専修大学前」下車、徒歩5分/小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口より徒歩約20分
[料金]¥700 (税込)
[条件]マスクは未使用のものに限定。体験者が持参。
[受付方法]電話またはメールフォームによる事前申込制
※メールフォームによる申込みは希望日の3日前まで
[問合せ]044-900-1101(川崎市伝統工芸館)